CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
「お尻から脚にかけてビリビリ感があって家族にキツク当たってしまいます」

「お尻から脚にかけてビリビリ感があって家族にキツク当たってしまいます」

 

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す」治療院、じとう接骨院の院長地當です。


60代 女性 平成29年11月13日初検

 

患者さんの紹介で来院していただきました。

「洋服を着替えたりシャンプーをする時に左のお尻から太腿の外側辺りに電気が走ったような症状があり辛くて痛い」
と言う事でした。

 

お話を詳しく聴かせていただくと

「40歳代の頃から時々腰に痛みがあり、7年前に引っ越しをした後に腰の痛みが酷くなった。数年前に整形外科ですべり症と診断された。

2か月前に実家の庭の草むしりをした後に左足に体重を掛けると痛みが出てきた。

 

今は、夕方に台所に立っていると腰に痛みを感じる。朝起きて洋服を着替えたりシャンプーをする時に腰を丸めると左のお尻から太腿の外側にビリビリと電気が走ったような痛みが出て困ります。

 

主人にもきつく当たってしまいます・・・

 

それと1週間後に姉妹で2泊3日の旅行に行きたいのですよ!何とかしてほしいです」

と言う事です。

 

次に実際に痛みを感じる動作をしていただきます。シャンプーをする動作、しゃがんで体を丸めるような姿勢をとっていただくと
「イテテテ」
立った姿勢でズボンを履く動作上体を前に倒して左の脚を挙げると
「イテテテ」
と顔が歪みます・・・

 

痛い場所を指さしていただくと

 

左の骨盤にある下後腸骨棘付近から太腿の外側を指示されます。

 

治療所内を歩いていただきます
「歩く時は特に痛みはありません」
と言う事です。

 

日常の動作で痛みやしびれを感じることで一番身近な人間関係であるご主人とお話しする時もニコヤカに話をする事ができない、姉妹との旅行でも楽しめないのではないかという不安があると言うのは大変です。

 

何とか力になりたいですね。


聴かせていただいたお話と実際の痛みから

大殿筋、外側広筋と言った筋肉の状態が悪くなっていると判断しました。

 

患者様に骨模型と解剖学書を見ていただき

 

私「お尻や太腿についている筋肉が伸び縮みしにくくなっています。上半身が前に倒れるときに前に倒れ過ぎないようにお尻の筋肉が働くのですが、伸び縮みしにくくなっているので痛みを出している可能性がありますね。ですので、その部分の筋肉の動きを良くしてあげるとビリビリは解消されますよ」

と説明させていただくと

 

患「分かりました、ぜひビリビリを取ってやってください。お願いします。」

ということでしたので、大殿筋を中心に全体のバランスを整えさせていただきました。

 

施術後、痛みの出る動作をしていただくと

 

患「ほんの少しマシな気がします・・・」

 

私「直ぐには変化は出ませんが、回を重ねるごとに必ず改善しますよ。旅行に行かれると言う事と症状が強いので次回は3日後に来てください。諦めずに治療をしていきましょう。」

とお伝えすると

 

患「分かりました、お願いします」

 

と言う事で初回の治療を終えました。

 

11月16日 2回目

私「調子はいかがでしたか?」

 

患「次の日はダルさが出ました。今日は朝起きた時の痛みは楽になってきました」

 

と言う事でしたので筋肉を触察してみると、大殿筋の緊張は取れています。

 

その深層にある中殿筋小殿筋の硬さが感じられます。

 

大腿外側を触察すると外側広筋と大腿二頭筋の間にある筋間中隔に硬さを感じたので全体のバランスを感じながら動きを改善させていただきました。

 

私「旅行の際は、冷やさないようにカイロを使ってくださいね」
と言う事で終了しました。

 

 

毎回、丁寧にお話を聴かせていただき、検査をして施術させていただくと徐々に「ビリビリ」感は改善していきました。

1月8日 6回目施術

 

患「痛みの芯は残っている気はしますが、ほとんどビリビリは感じません。左足のソックスを履くときに少しだけ感じるくらいになってきました」
と言う事です。

 

私「それは良かったですね。では、ご主人ともニコヤカに接することが出来ていますか?」

 

患「フフフ、そういえばそんな事言ってましたね? 優しく話しかけられてますよ。フフフ」

 

痛みが無くなれば自然と優しくなれるようですね!!

 

良かったですね(^^)v

 

 

施術させていただくと、緊張の残っている所がまだあります。

この緊張を取り除くように施術をさせていただきました。

 

施術後、日常での注意点をお伝えし、3週間後に予約をしていただき治療を終えました。


じとう接骨院はお尻から脚にかけての「ビリビリ」感で家族にキツク当たってしまう
あなたを全力でサポートします。

 

じとう接骨院の施術は、

    問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
    原因と症状両方にしっかりアプローチする
    改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
    しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、「傷ついて」日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みでクヨクヨと過ごしているあなたの「困りごと」を解決することによって、「生き生き」と「ありのままの自分」として輝いていただくことを目標としています。

 

院長が1人で責任を持って全ての患者さんに対応し、よくお話を聴かせていただき「原因」をしっかりと把握してからそれぞれの状態に合わせて治療を行います。
また、何故その治療が必要なのか、どのくらいの頻度で通院すれば良いのか、日常での注意点を丁寧に説明いたします。


体に痛みや不調を感じている方は、是非一度、私に相談にいらしてください。
じとう接骨院は、自分の事を表現するのが苦手で痛みや不調をお話する場所が無い方のために「安心安全な場で、ありのままのあなたを取り戻すことが出来る場所であるよう」いつも笑顔であなたをお待ちしています。

当院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。


自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

院長 地當 健一

*************************************

    初回8,640円
    2回目以降 6,480円

*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:

        平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
        土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

 

posted by 地當健一 | 19:55 | しびれ | comments(0) | trackbacks(0) |
「お尻から脚の痺れがマシになってきました、治る希望が出てきました」

「お尻から脚の痺れがマシになってきました、治る希望が出てきました」

 

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す」治療院、じとう接骨院の院長地當です。


立ち上がると左のお尻から太ももの裏にかけてジンジン痺れる40代の女性患者さん。

 

今年の1月から、朝起きて体を起こすときや仕事場で椅子から立ち上がった時に左のお尻から太ももの裏にかけてジンジンとした痺れを感じられるようになり受診されていました。

 

施術室のベッドで待っていただいている間は俯せで寝ておられます、様子を見させていただくために立っていただくと・・・眉間に深いシワが・・・とても辛そうです。

 

 

そんな状態が4月まで続きました。

 

困りました・・

 

患者さんも「もう治らないような気がしてきました(._.)」と仰っています・・

 

本当に困りました・・が、必ず原因があるはずです。

治る力はあるはずです。


5月1日に来院された際に患者さんが訴えられる部位をもう一度詳しくお聴きしながら、患者さんと一緒に解剖学書の骨盤周囲が記載されている項を開きます。

 

細かく確認させていただくと、内閉鎖筋、上下双子筋の状態の悪さが痺れを出している原因ではないかと判断できました。

そのことをお伝えして、施術させていただくと・・・

 

施術終了後
「先生、さっき言ってはった場所が痛みの原因やわ,ズドンと来たわ。マシになってるわ、希望が出てきました(^^)v」
と言う事です。

 

いや、良かったです。安堵感で泣きそうです。

 

 

そして、本日来院していただき調子を伺うと

「痺れは完全に無くなったわけでは無いけど、頻度、度合いともに和らいできてますよ」
と言う事でした。

 

本当に良かったですね。

 

患者さんの訴えを聴かせていただくことの大切さを教えていただきました。

有難うございました。

 

完全に痺れが出なくなるまで諦めずに治療していきましょう!

 

じとう接骨院はお尻から脚の痺れで困っている方を
全力でサポートします。

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 21:44 | しびれ | comments(0) | trackbacks(0) |
サドルでお尻をグリってやってから、脚が痺れてきて困っています

「サドルでお尻をえぐってしまいました、足が痺れます」

 

みなさんおはようございます!

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す治療院」じとう接骨院の院長地當です。

 

本日2回目

 

40代 女性

「1週間前に自転車に乗り損ねてサドルで尾骨をグリってえぐってしまいました」
という事で5月9日に来院されました。

 

体調維持のために月に1回の受診をされています。

 

前回は2週間前に受診されたはずなのですが・・
「先生、今日の午前中に診てもらえますか!」と電話がありました。

午前に予約の空きがありませんでしたが午後の1番に予約に空きがありましたので
「午後でしたら診れますが、どうですか?」

と伝えると

「分かりました、その時間に伺います」

と言う事で来院していただくことになりました。


お話を聞かせて頂くと
・仕事が終わって自転車に乗ろうとした時に体勢を崩してしまいサドルで左のお尻をグリっとえぐってしまった
・数日間は打った痛みだけを感じていた
・仕事は痛いながらも出来ていた
・昨日から左のお尻からふくらはぎの外側にかけて痺れてきた
・左脚がマヒしている感じがする
・立っていられない、歩くのもおかしい
・尾てい骨が折れていないか心配です


という事です。

 

 中々大変ですよね日にちが経ってから痺れやマヒが出てくるのは、打撲だけだと思っていたのに、もしかしてもっと大変なことになっているのではないかと本当に不安だと思います。

 

色々と検査をさせていただくと
・上向きで寝ることが出来ないと言う事なので痛みを感じる側を上向きにして寝ていただきます
・まずは骨折の有無を検査します、骨に異常は有りません
・尾骨の左側に圧痛が有ります
・もう少し細かく触察していきます。仙棘靱帯付近に特に痛みを感じる部分が有ります
・大小座骨孔の周囲も細かく触察していきます。坐骨棘の下部に強く緊張している部位を感じます


聞かせて頂いたお話と検査から、

 

サドルがピンポイントで坐骨棘から尾骨にある小坐骨孔を直撃してしまい内閉鎖筋、双子筋、尾骨筋の筋緊張が高まってしまた。時間がたってから梨状筋の緊張も高まってくることによって坐骨神経をはじめとする神経を狭窄してしまい痺れとマヒを生じさせたのではないか、もしくは神経を直接打撲してしまった可能性もあるのではないかと判断しました。

 

患者さんに解剖学の本と骨格模型を見ていただきながら
「尾骨や周囲の骨折は有りません。神経を直接打撲してしまった可能性もあります。またはその周囲を打撲したことによって靱帯や筋肉に緊張が生じて、神経に影響を与えているのかもしれません。本日は、筋肉の緊張を取り除きましょう。」

と提案させていただくと

 

「お願いします」

 

という事ですので、施術させていただきました。

 

強い圧を加えると痛みと痺れを誘発しますので、丁寧に場所、圧を加える方向、強さをコントロールしながら施術していきます。

 

施術後、立っていただくと

「あ〜痺れている範囲が少し狭まっています」

と言う事でしたので施術を終えました。

次回は3日後に予約を取っていただき治療を終えました。

 

そして、本日2回目の来院。

 

調子を聞かせていただくと

「少し家事が出来るようになりました、少し動いては横になって休むという感じです。痺れの場所が変わってきました。夜は少し寝ることが出来るようになりました。歩くのは苦痛を感じなくなりましたが、しゃがむ動作がとても痛いです」

と言う事です。

 

しゃがむときに尾骨が動きます、尾骨筋の緊張が残っているようです。

 

尾骨筋を立体的にイメージするのが難しかったので、骨格模型に靱帯と筋肉の代わりとしてテープを張り付けました。

 

患者さんの説明にも役立つのですが、術者のイメージが具体的であるほど施術の効果はあがりますので自分のためでもあります。

 

尾骨筋を直接触ることは困難なことですので解剖学の本を開け、テープを張り付けた骨格模型を見ながら指先からレザーを出していくイメージをしながら施術していきます。

 

イメージの中で捉えられたら、しばらく持続圧をかけながら患者さんとお話をします、ほぼ雑談・・・ふわっと緊張が取れた感覚がありましたので患者さんに立っていただきました。

 

「え、めっちゃ楽です(^^)v」
「まだ痺れはあるけど、全然違います」

 

 

私「神経を直接打撲してしまっている場合は、痺れはしばらくの間のこりますが、筋肉の緊張が痺れの原因の場合はこれで退いてくると思います。経過を見ながら判断していきましょう。次回は1週間以内に来てください」
とお伝えして治療を終えました。


じとう接骨院は、脚の痺れで困っているあなたを全力でサポートします。

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

 

 

posted by 地當健一 | 23:33 | しびれ | comments(0) | trackbacks(0) |