CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
ふくらはぎがつってお困りではありませんか?

「ふくらはぎがつってお困りではありませんか」

 

みなさんおはようございます!京都市山科区の渋谷街道沿いにあるじとう接骨院の院長、地當です。

 

70歳代 女性
「1週間前から朝起きる時に左のふくらはぎがつります」という事です。以前から腰や膝の調子を整える目的で継続来院していただいています。

 

お体のバランスを観させていただくと、

  • 左半身に体重が乗りすぎています。
  • 胸郭は左が下がっています。
  • バランスを取るために頚は少し右に傾いています。
  • 寝て頂き、両方のふくらはぎを触察(触って状態を観ること)すると、左のふくらはぎはやや外側の奥にある親指を曲げる筋肉が硬く感じられます。右のふくらはぎはヒラメのような形をした、その名もヒラメ筋が硬く感じられます。

 

左半身に荷重しすぎている事に加えて、右脚でさらに前に荷重するようなイメージを受けました(徒競走のスタートの時に取る姿勢と言えば伝わるでしょうか?)
徒競走

 

左に荷重しているのに右でもっと前に押し出されそうになっているのを押しとどめるために、左足の親指で地面をつかんでバランスを取ろうと頑張りすぎているのでは!と感じましたので、その様にお伝えすると、
「随分昔に右の膝が痛い時に病院でサポーターを作ってもらい、それを付けていた時に右脚を突っ張って歩く癖がついてしまったんやわ、それから色々と調子の悪いところが出て来たんやわ〜」という事です。

 

中々複雑です・・・

 

という事で、左のふくらはぎの緊張を取るだけではなく、全身のバランスを感じながら、右脚に残っている身体記憶に対しても効果があるように施術をしました。

 

施術後にバランスを観させていただくと左半身への荷重は少し改善し、胸郭は左右水平になっていました。左右のふくらはぎの緊張は少し残っていましたが、一度に筋肉の緊張を取りすぎるとかえってバランスが取れなくなると感じましたので、本日はこれにて治療を終えました。次回は10日後の来院を予約していただきました。

 

じとう接骨院は、ふくらはぎがつってしまい困っているあなたを全力でサポートします。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 22:43 | つる | comments(0) | trackbacks(0) |