CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
<< 今回のマラソンは完走が目標です! | TOP | 「今回は、マラソン完走が目標です-結果」 >>
「人身事故から未来を想う」

「人身事故から未来を想う」

 

みなさんおはようございます!

 

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す治療院」じとう接骨院の院長地當です。

 

昨日の朝、祇園四条駅で人身事故が有りました。

 

患者さんが、その影響を受けて三条駅で足止めされたという事でした。

 

その際、三条駅の改札口で10人ほどの乗客が1人の駅員さんに

「人と会う予定があるんや、どうにかしてくれ(激怒)」
「遅延証明出されてもどうしようもないんや・・・」
などと激しく詰め寄っていたとお話をしてくださいました。

 

患者さんは、駅員さんにそんなこと言っても仕方ないのになぁ、他の移動手段を探したほうがいいのにと感じられたという事です。


詰め寄っていた方々は、其々にとって大事な用事があったのでしょうね、予定が狂って大変だと思います。

 

ただ、私はこのお話を聞いた時に、その方々は、事故か飛び込みかは分からないけれど一駅先で人の命が失われている事には全く関心が向かないのかな・・・

 

自分の予定が狂う事と人の命が失われてしまった事、重要さを比較することは出来ないかもしれないけれど・・・

 

激怒して駅員さんに詰め寄る心の在り方に怖さを感じてしまいました。

 

朝の通勤時間に飛び込むなんて迷惑な!受験日(公立高校の受験日でした)に飛び込んで受験生に迷惑掛かるやろ!と言う意見も勿論あるでしょう。

最近の風潮としては、迷惑論の方が主流だと言うのも感じています。

 

私の最も大切にしている価値観は傷ついた人が居れば守り活き活きしてほしいという事です。

 

その価値観から見るとどんな事情があったにせよ命が失われたという事に対して先ずは祈りを捧げたいのですよ。

 

現状は過去の選択の積み重ねであると或る方から教えていただきました、その通りだと思います。

 

人の命より自分の予定が優先してしまうこのご時世は、過去の選択の集大成と言えるのではないのでしょうか!

この方向で選択し続けた先に待っている未来は・・・・

 

私達の子孫は、どんな未来に生きているのでしょうか。


出来れば、人の命が失われる事に対して先ずは冥福を祈り、それから最善の選択を取ることが出来る人々が主流である未来を望んでいます。

 

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 20:47 | 接骨院でのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.jitohone.com/trackback/132
トラックバック