CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
週末は!奈良に!

「週末は!奈良に!」

 

みなさんおはようございます!
京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す治療院」じとう接骨院の院長地當です。

 

GWの4月30日は家族で奈良公園に鹿に鹿せんべいをあげに、そして大仏様にお会いしに行ってきました。

 

奈良までは、京都駅から近鉄電車で「奈良世界遺産フリー切符」を利用して行ってきました。
http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/sekaiisan/nara_nishi.html

かなりお得です。お奨めします!

 

近鉄奈良駅の構内を出て、少し歩くと・・・居ました、奈良公園の鹿たち!

 

動物にエサをやるのが大好きな娘は、その鹿を見てテンションマックスです<(`^´)>
「煎餅、煎餅!」と騒ぎ出しました。

 

そこは、「先ずは自分たちのお腹を満たしましょう」と何とかなだめて、猿沢の池のほとりでカメたちを眺めながらランチ。

 

その後、歩いて奈良公園まで行くと沢山の鹿たちが居ました。

 

屋台で鹿せんべいを購入して、イザ餌やりにと思ったのですが・・・

鹿たちは、他の観光客から鹿せんべいをたらふく貰った後なのか、それとも暑さのためなのか(最高気温26度)、煎餅を口に近づけても中々食べてくれません。

 

しかし、そんな事でメゲルわが娘ではありません。

 

食べてくれそうな鹿を求めて、走る走る・・・普段では怖がって絶対に飛び越えないような幅80センチ以上ある溝もピョンと飛び越え鹿にめがけて突進します。

 

そんな感じで、餌をあげつつ東大寺方面に進んでゆきました。

 

そして、東大寺へ。

 

流石に何度来ても大きいですね!

 

娘にとっては初めてお会いする大仏様です。

大きすぎてビビってしまうかと思いましたが「うわぁ〜、凄く大きいねぇ」と感心しきりでした。

 

こちらは虚空蔵菩薩様!

 

娘は寅年、守り本尊様です。何と1,2月生まれの守り本尊でもあります。私たち夫婦は共に1月生まれ。

家族の守り本尊です。

 

宜しくお願いします<m(__)m>


もっと観光したかったのですが出発時間が遅かったので、今回は大仏様を見て帰路につきました。

帰りの電車では、家族3人疲れ切って京都駅まで爆睡。

ほんと楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今度は、朝早く出てもっと堪能しようね!

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

 

posted by 地當健一 | 00:35 | 週末は! | comments(0) | trackbacks(0) |
しゃがみこんでから立ち上がる時に膝が痛みます、困ってます・・・

「3週間前に登山をしてから左の膝裏の痛みと違和感が治まりません・・・その2」

 

みなさんおはようございます!

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す治療院」じとう接骨院の院長地當です。

 

4月28日 6回目

 

40代 女性

「3週間前に登山をしてから左の膝裏の痛みと違和感が治まりません・・・」
という事で3月27日に来院されました。

 

年度が替わってから新しい職場にいく事になっていて、仕事は立ち座りの動作が多いので膝が痛いままではとても困るという事です。

 

お話を聞かせて頂くと
・3週間前に山自体が御神体の神社に登った。
・下りが非常にきつく、ひどい筋肉痛になってしまった。
・筋肉痛が治まっても膝裏の痛みと違和感が治まらなかった。
・10年前から階段の昇り降りで膝がガクッと痛くなることがあったが3日くらいで治まっていた。
・膝を庇っているうちに全身が痛くなってきた
・夜中に寝返りをうつと痛みで目が覚める
・スキーで体重が左に乗せることが出来ない
・写真を勉強していて中腰で膝を曲げて身体を捻じってファインダーを覗く事が多い

という事でした。

 

この方、しゃがみこみ、階段の昇り降り、寝ているときの寝返り動作、椅子からの立ち座りという日常で欠かすことのできない動作をするたびに痛みを感じられています。

 

不快だし、この状態がいつまで続くのか・・・本当に治るのだろうかと不安に感じておられるのが良く伝わってきました。


症状が強く不安も大きいので1か月で6回の施術をさせて頂きました。

 

初診から1か月でどのようになられたのでしょうか!

 

2回目:受診前日に旅行に行かれる。旅先で和式トイレしかなくしゃがむ時に膝裏の痛みでつらかったと言う事です。
ただ、夜間の寝返り時の痛みは無し。

 

3回目:前回の施術後に痛みが増した、その夜は寝返り時の痛みがあった。が、次の日には痛みは治まる。
新しい職場のトイレは・・・なんと和式・・やはり負担が掛かり、しゃがみ動作で痛みを感じる。が、階段の昇り降りの痛みはマシ。

 

4回目:仕事をしていて後半になると、膝周りが重たく固まった感じ、階段を降りる時に痛みを感じる。膝裏の違和感がマシになってくる。

 

5回目:歩行は痛みを感じなくなってきた。正座が短時間しか出来ない。しゃがみこめるようになってきたけれど、その体勢から立ち上がることが出来ない。太腿の前側に突っ張りと重だるさを感じる。階段の昇り降りの痛みは8割減、膝裏の違和感減、寝返り時の痛みなし。

 

6回目:全体的にマシ。太腿にだるさがあるので自然と手で押さえている。しゃがみこんだ姿勢からの立ち上がり動作が腕の補助が無いと出来ないのが困ると言う事です。

 

4回目の施術で当初痛みの原因と考えていた半月板と膝窩筋の状態は随分と改善されてきました。

 

正座が短時間しかできないと言う事でしたので、実際に正座をしていただき観察させていただいたところ足関節に問題がありましたので縦横の運動軸を調整させて頂きました。

 

調整後に正座をもう一度していただくと

 

「・・・・、あら、膝の痛みがマシになってます・・・何で・・・」

 

はい、そうなんです。他の場所の状態の悪さが原因であることも良くあります。

 

丁寧にお話を聴いて、観察することで分かってくることもあります。

 

 

ただ、しゃがみこんだ姿勢からの立ち上がりが腕の補助無しでは、スムーズにできないと言う事が残りました・・・困りました。

 

所見では、膝蓋骨(お皿)、中間広筋、膝関節筋、膝蓋上包に問題があると感じていました。が、確証が有りません。

 

分からないことは先達に学べと言う事で、カパンディの関節の生理学という医学書を開きました(師匠からの資格取得のお祝いでいただきました、正直に言うと頂いた当初は難し過ぎて・・・理解不能でした)。

 

p100にバッチリ記載がありました。

 

要約すると「膝蓋上包と大腿骨遠位の陥凹部に炎症性の癒着が生じると、膝蓋骨はしっかりと大腿骨に固定されてしまう。固定されてしまうと膝蓋骨と大腿骨の動きがスムーズに行かなくなり、膝蓋上包の引き上げの作用をする膝関節筋が十分に働けなくなる。」

 

と言う事です。癒着を取り除くことが出来れば問題が解決できそうです。

 

図解もあり、立体的にイメージできるようになりました。

 

 

患者さんに解剖学書を観ていただきながら「膝のこの部分に炎症性の癒着があることでお皿がうまく動くことが出来ないでいます。
この癒着を解消すれば、立ち上がり動作も楽にできるようになりますよ」
と提案させて頂くと
「お願いします」
と言う事です。

 

そこで、今回は癒着を解消するために温熱療法を使い施術しました。

 

施術後にしゃがんで頂くと

 

「あら、マシですね」

 

まだ、腕の補助は必要ですが、明らかに動きが滑らかです。

 

施術中に患者さんから
「膝の他にはどの様に整えて行けばいいですか?」とのお言葉がありました。

 

次の段階を意識できるようになってきましたね!

 

この調子で改善してゆけば、患者さんの生活の質を上げてゆくお手伝いが出来そうです。

 

少しでもお役に立てるように頑張ります。


じとう接骨院は、膝の痛みで困っている
あなたの「治る力」を引き出すために全力でサポートします。

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

 

 

posted by 地當健一 | 23:40 | 膝が痛い | comments(0) | trackbacks(0) |
じとう接骨院の腰痛に対する考え方

今回の記事ではじとう接骨院の腰痛に対する施術の考え方を紹介します。

 


 腰痛と言っても

 

  ・立ち続けたり座り続けていると腰が痛い

  ・朝 腰が痛くて伸びにくい

  ・立ったり座ったりなどの動作で腰が痛い

  ・重いものを持ったり中腰の作業で腰が痛い

  ・運転した後に腰が痛くなる

  ・ぎっくり腰を何度も繰り返している

  ・お尻や足に痛みやしびれがある

  ・歩くと足がしびれたり痛くなって歩けなくなる

  ・足の指に力が入らない・足がだるい・感覚が鈍いところがある

など人それぞれ症状がちがいます。


 悪化してしまうと、常に腰痛や足痛・シビレがあり動くのが大変、仕事にも行くのがやっと・・・
という深刻な状況に陥っている方もいらっしゃることでしょう。

 

 じとう接骨院では、全身を見渡して原因を捉えて、「ありのままのあなたを取り戻す」ことを目指した施術を行います。

 

 一時的な痛み止めや部分的に血行を良くするだけの対症療法とは違います。
 改善した後も腰痛になりにくい体を目指した施術です。

 

 痛み止め等の一時しのぎではなく根本からの改善をさせ「ありのままのあなたを取り戻す」お手伝いをさせて頂き、あなたのお力になれると思います。

 

腰痛の原因は?

 

 腰痛の原因には内臓や精神的なものからくるものもありますが、大半は骨格や筋肉から来る腰痛です。
しかし、レントゲンでも原因が判明しないものも多く、特に原因がみあたらないが痛みはある、という人もいます。

 

1.筋肉の問題からくる腰痛
 骨や軟骨に問題がなく、筋肉や靭帯などが問題で起きる腰痛。筋肉疲労や、筋肉を傷めたり関節や靭帯をくじいたりして起こる腰痛。

 

2.軟骨の問題からくる腰痛
 腰の骨の間にあるクッションである軟骨(椎間板)が傷んだり変形して神経を圧迫して起こる腰痛。

 

3.骨の問題からくる腰痛
 骨が変形してしまっているために起こる腰痛。

 

4.急性の腰痛(ぎっくり腰)
 中腰で物を持ちあげようとしたり急に腰をひねるなどの不用意な動作をきっかけに起きる腰痛。硬くなった筋肉を傷めたり腰の関節や靭帯をくじいた状態。(おおもとの原因としては1〜3それぞれの場合が考えられます)

 

5.足やお尻の痛み・しびれ

 原因は1〜3それぞれの場合が考えられます。臀部や足につながる神経が何らかの原因で圧迫されたり絞めつけられたために、お尻から太もも〜ふくらはぎなど、足に痛みやシビレが出ます。神経圧迫や、梨状筋というお尻の筋肉ではさまれたりすることによって起きます。

 

 いずれも根本には、背骨の自然なS字カーブが、姿勢の悪さや生活習慣などにより歪むことから、痛みや障害を引き起こすことが考えられます。

 

『骨格が歪んでいる人は筋肉や靭帯・関節に負担をかけている』

 

 姿勢などの身体の構造の面から考えてみたいと思います。

 

 人間は骨格がタテに上手く並んでいれば、骨格に体重をのせてラクに体を支えることができます。

“骨”はとても丈夫なので、疲れたり傷んだりはしにくいのです。


 しかし、姿勢が悪く骨格が歪んで体が傾いていると、骨格で上手く体重を支えられないため、筋肉などを緊張させて身体を支えることになり、筋肉や靭帯、椎間板などに負担をかけることになります。

 

 その負担が長年つみ重なると痛みや障害を生み出してしまうのです。

 

 病院に通って薬で痛みを抑えたり炎症がおさまっても、根本的な骨格の歪み・姿勢の問題を解決しなければ再発を繰り返すことが多いようです。

 

 腰痛を根本的に改善したいなら、歪みや姿勢から改善することが必要なのです。

 

 骨格で体重を支えられる体になればいい。

 

 骨格のバランスが良くなると、主に骨で体重を支えられるようになります。

 

すると、
 筋肉や関節に負担がかからなくなる

 

したがって、腰の“痛み”の原因が減る

 

 その他の関節などの痛みも出にくくなるようになり、腰痛が改善できる状態になっていくのです。

 

また、全体としてコンディションがよくなるので、 症状の軽快の他にも、

  ・余計な体の緊張がとれて疲れにくくなった
  ・よく眠れるようになった
  ・体のバランスがよくなって動きやすくなった

 ・食欲が出てきた

 

などの体調の変化を実感される方が多いのです。

 

 じとう接骨院では、カラダ全体の筋肉のバランスをとる手法で、無理なく骨格の歪みをとり症状を改善していきます。

 

 また、日常生活の習慣や癖を改善していくことも重要です。腰に負担のかからない立ち方・座り方をあわせて指導しています。

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 14:54 | 腰痛・ぎっくり腰 | comments(0) | trackbacks(0) |
「足首の捻挫を軽く見ないでくださいね!」


「足首の捻挫を軽く見ないでくださいね!」

 

みなさんおはようございます!

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す」じとう接骨院の院長地當です。

 

10代 女性 4月25日来院

「昨日の夜、バレーボールのゲーム中に右足を挫きました」
と言う事で来院していただきました。

 

この方、小学生の時から負傷をしたときには当院に来院してくれていました。
そんな彼女も、もう高校生です・・・時の流れを感じます。

 

お話を聴かせていただくと
・4月24日の夜にバレーボールのゲーム中、ネット際でジャンプをして着地の際に相手チームの人の足を踏んでしまい右足首を捻じってしまった。
・右足首が内側にグニャっとなってしまった。
・くるぶしの外側が痛い
・足を地面に付くと痛い
・体重を乗せられない
と言う事です。

 

検査させていただくと
・先ずは上向きに寝てもらって両足を見比べて骨の位置をじっくりと観察します。距骨が内側に移動しています。
・骨折の有無を確かめます。腓骨端、中足骨、立方骨などを中心に全部丁寧に確認します。
・次に筋肉の状態を確認します。腓骨筋や前脛骨筋などを確認します。
・靱帯も勿論確認します。前後距腓靭帯、前後脛腓靱帯などを中心に全部を確認します。

 

聴いたお話と検査から判断して、骨折は有りません。筋肉も若干痛めてはいますが重症ではありません。
前距腓靭帯と前脛腓靱帯を痛めています。

 

患者さんに骨格標本と解剖学の本を見てもらいながら
「骨折は心配しなくてもいいですよ、この写真に写っている前距腓靭帯と映っていないけどその少し上にある前脛腓靱帯を痛めています。それとひねった際に足首にある距骨の位置が内側に動いてしまっていますね。まずは、この骨を良い位置に整復しましょう。それから痛めている靱帯を保護するために固定をしましょう。」

と提案させていただくと

 

「お願いします」

と言う事です。

 

先ずは、上向きで寝てもらい丁寧に骨の位置を整復します。

 

ある程度、良い位置に整復できたら「柳式の包帯固定法」を施して院内を1周してもらい、荷重することでさらに骨の位置を整えます。

 

一度包帯をほどいて、その位置をキープできるようにホワイトテープでがっちりと固定します。

 

この状態でもう一度院内を歩いてもらうと

「うわぁ、痛くない」
と笑顔が出ています。

 

「骨の位置がずれたまま固定してしまうと、靱帯の負担が残ったままになってしまうんやわ。骨の位置を整えることで靱帯への負担が少なくなって痛みもひくし治りも早くなるからね!できるだけ早く治るように頑張ろうね!明日も来てね」

 

 

と言う事で本日4月26日の来院となりました

 

私「どうですか?」

 

患「かなりマシです」

 

私「見た感じ腫れも退いてますね。歩くときの痛みは?」

 

患「平らなところは痛みありませんが、階段の昇り降り特に降りるときに痛みを感じます」

 

私「分かりました、診てみましょう」

 

上下左右からじっくりと足を観察します。まだ少し、距骨が内側に偏移しています。

 

足の運動軸を意識しながら骨を整えていきます。

 

一度、固定なしの状態で立っていただき歩いてもらいます。

 

「昨日と全然違う!」

 

と言う事でしたのでテーピング固定を施して施術を終えました。

 

この調子で出来るだけ早く治癒に向かいましょう!

 

足は小さな面積で何十キロという体重を支えています。足首の捻挫はいい加減な治療をして放置してしまうと後年に重大な障害を起こしてしまうことがあります。

ですので、足首を捻挫してしまったときは軽く考えずにシッカリと診てくれる先生に早期に治療をしてもらってくださいね。


じとう接骨院は、足首を捻挫してしまった
あなたを全力でサポートします。

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

 

posted by 地當健一 | 22:31 | 足が痛い | comments(0) | trackbacks(0) |
健康保険の取り扱いについてのお知らせです

「健康保険の取り扱いについてのお知らせです」

 

みなさんおはようございます!

 

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す」治療院、じとう接骨院の院長地當です。

 

健康保険の取り扱いについてお知らせいたします。

 

当院では、いつ、どこで、どのようにして負傷したのかがハッキリとしている怪我にのみ健康保険で施術させていただきます。

 

いま提供できる最高のものを心を込めて提供させていただく、と言うポリシーで日々治療をさせていただいております。

 

 

健康保険と言うのは「最低限の治療」をすることですので、当院のポリシーとは反しますのでご理解いただければ幸いです。

 

 

じとう接骨院の施術は、

  • 問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
  • 原因と症状両方にしっかりアプローチする
  • 改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
  • しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、ありのままのあなたとして活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 21:56 | 接骨院でのこと | comments(0) | trackbacks(0) |